テスト|寝屋川市の家族葬ならご相談ください。

「これから」のお葬式 メモリアルハート
  • 24時間365日いつでもご対応いたします 0120-315-810 エリア外 072-396-3617
  • HOME
  • MAIL

枚方市の家族葬

大阪で頼れる葬儀社が必要な方は、葬儀実績2,000件以上を誇る「メモリアルハート」をご利用ください。
弊社は、寝屋川市、枚方市、交野市を中心として、大阪全域にて地域一番の安心価格で満足いく葬儀をお届けしております。
少子高齢化や核家族化が進む中、葬儀のスタイルも変化してきており、最近では通夜や告別式を執り行わないで火葬のみを行う「直葬」や、家族や身内だけの少人数で葬儀を行う「家族葬」を選択する方も増えています。
弊社では、その他にも時代に合ったサービスをご提供し、もちろん昔ながらの葬儀のスタイルにも臨機応変に対応しており、ご遺体の搬送からだけでも承っているので、葬儀に関することならどんなことでも遠慮なくご相談ください。

枚方市の家族葬

遺言書作成業務や相続手続き、生前相談業務、遺品整理なども手掛けています。葬儀社として24時間365日対応しておりますので、気になることがございましたらいつでもご連絡いただければ、各分野の専門スタッフが親切丁寧にご対応させていただきます。
大阪にも数多くの葬儀社が営業していますが、葬儀の紹介だけを行う会社もたくさんあります。弊社は完全自社施工で自社安置所も完備している専門の葬儀社なので、安心してお問合せください。

01 家族葬と一般葬の違いとは

一般葬とは、その字の通りに、日本で古くから行われている伝統的な葬儀形式で、夕刻に通夜を、その翌日に告別式を執り行います。
家族葬の葬儀自体の進行はほぼ同じですが、最も大きな違いは参列者の数です。一般葬では遺族や親族以外にも故人や遺族の友人や知人、会社関係者、近隣住民など多くの参列者が葬儀を訪れますが、家族葬の場合は身内だけの少人数で執り行われる場合がほとんどです。
両者の大きな違いは参列者の数で、家族葬は小規模な葬儀だと考えれば良いと思います。一般的は数人〜30人程度で開催され、そのため大規模な会場を用意する必要もなく祭壇も小さいものを選択すれば良いため、一般葬よりも葬儀費用を安く抑えられるのも特徴です。一般葬の場合は全国平均で200万円前後の費用が掛かるとも言われていますが、その半分程度が費用相場となっているようです。

家族葬と一般葬の違いとは

一般葬では参列者から香典を頂戴するケースがほとんどですが、家族葬では主催者が香典を辞退するケースも多いです。そのため、一般葬ではたくさんの参列者が訪れると香典で葬儀費用を賄えることもありますが、家族葬では全てが主催者の自己負担になってしまう可能性が高くなります。

02 初めて葬儀で喪主を務めるときに気をつけるべきこととは

初めて葬儀で喪主を務めるときに気をつけるべきこととは

葬儀における喪主の役割は、遺族を代表して弔いの中心となる葬儀全体の進行役です。喪主は葬儀中にトラブルがなくスムーズに執り行われるためにいろいろなことを行わなければいけません。
葬儀がはじまる前には葬儀社と打ち合わせをして、葬儀後の手続きも喪主の仕事に入っています。葬儀の挨拶も喪主の大事な仕事なので、初めて喪主を行う方で挨拶に慣れていない場合は、事前に文言を考え頭に入れておく必要があります。
このように初めて喪主を務めるときにはやるべきことが一杯でパニックになったり、挨拶のことで緊張してしまったりする方も多いわけですが、家族や葬儀社が喪主の仕事を代わりに担ってくれたりサポートしてくれたりするので、一人で全ての仕事をしようとしなくても大丈夫です。
挨拶にしても事前に例文を用意している葬儀社もあって、紙を読みながら挨拶しても問題ありません。葬儀の場では言っていけない忌み言葉を使わないように注意して、しっかり想いを込めて丁寧な挨拶を心掛ければ大丈夫です。
段取りを間違わないように注意して、無理をしないで葬儀社や家族の助けを積極的に受けましょう。

03葬儀に関することでよくある3つの悩みとは

1.人が亡くなったら何から手をつければ良いの?
人が亡くなる場所や状況にもよりますが、病院で亡くなった場合は遺体の安置場所はスペースが限られているため、短時間で遺体を搬送しなくてはいけません。
何も決めていない場合は病院から遺体の搬送について尋ねられ、病院から葬儀社を紹介されることになるため、事前に遺体の安置場所や葬儀社を決めておくことをおすすめします。
病院から紹介された葬儀社を利用してしまうと、葬儀費用についても葬儀社の言い値になってしまう可能性が高くなります。

2.喪主はどうやって決めれば良いの?
喪主はお葬式の主催者となり、葬儀をスムーズに進める大事な役割を担う人物です。
一般的に喪主になるのは、配偶者、長男、次男以降の直径男子、女系の長女の順となっていますが、例外もたくさんあります。
配偶者がいても長男が喪主になる場合もあれば、次男が役目を担うこともあります。いずれにしてもそのときになって困らないように、事前に家族間で喪主を決めておくことを推奨します。

3.死亡届は誰が出すの?
死亡届けは喪主などが自分で役所へ提出することもできますが、大抵は葬儀を依頼した葬儀社が代行してくれます。人が亡くなれば火葬をしなくてはいけませんが、同時に火葬許可証の発行も葬儀社が行ってくれます。
そのためには、人が亡くなる前に葬儀社を決めておくことをおすすめします。そうすれば遺体の搬送もスムーズにしてもらうことができます。

04葬儀の種類ごとの費用について

葬儀にもいろいろな種類がありますが、少子高齢化や核家族が進んでいることもあり、最近ではあまり費用を掛けないでできる直葬や家族葬を選択する方が増えています。
直葬は、通夜や告別式を行わない最も費用を抑えられる葬儀として知られていて、気になる費用相場は約20万円前後となっています。ただし、都内や民営の火葬場を利用しなければいけない場合は、葬儀費用が10万円前後高くなり、どこで葬儀を行うかによって価格も大きく変わってきます。
家族葬は一般的な葬儀よりも人数が少なく、数名〜30名程度の家族や親族や生前故人と親しかった身内などで行われる葬儀で、人数も含めてこれといったお決まりの形はありませんが、費用相場は80〜100万円程度とされています。
最もポピュラーな葬儀のスタイルである一般葬になると、全国的な費用相場は200万円前後と言われているので、直葬や家族葬の費用の安さが分かると思います。
費用を抑える葬儀のスタイルとしては、一日葬というものもあります。これは一連の葬儀の流れより通夜を簡略化することから、家族葬よりも費用を抑えることも可能で、参列者の数を抑えれば40〜60万円が費用相場となっています。

05枚方市をはじめ大阪全域で事業を展開

メモリアルハートでは、主に枚方市、大阪市、寝屋川市、交野市、摂津市、箕面市、池田市、堺市、吹田市、高槻市、四条畷市、大東市、門真市を中心に、葬祭業務の請負、葬儀業務に関する運営の他にも、遺言書作成業務・相続手続き、生前相談業務、遺品整理などの事業を展開しています。
大阪府の北河内地域に位置する枚方市は、2022年7月現在で人口約39.4万人を擁する、大阪府内では5番目に多い中核市です。京都府と奈良県の府県境にあって、江戸時代には京街道の宿場町として栄え、日本最古の遊園地である「ひらかたパーク」がある街としても知られています。
枚方市は、大阪と京都をつなぐ有数のベッドタウンでもあり、市の中央部には国道1号線が走っていて、交通の便もとても良いです。東には生駒山系の山々があり、市の真ん中には淀川の河川敷公園が広がっていて、自然が豊富にあるのも街の大きな特徴となっています。
街の中心地である枚方市駅からは、京都の中心街へ電車を使えば30分ほどでアクセスできます。都会の雰囲気も楽しめて自然も豊富で、少し電車で走れば古都へも行くことができる枚方市は、とても魅力的な街と言えると思います。

06家族葬の費用相場と内訳

家族葬の費用相場は、80〜100万円程度とされています。
この金額はあくまでも全国平均なので、物価の高い首都圏や昔からの風習で葬儀に力を入れている地域によっては100万円を大幅に超えるような場合もあります。反対に物価の安い地域だと、もっと安く葬儀ができるケースもあります。
いずれにしても、一般葬と比べると大幅に葬儀費用を抑えることが可能です。現在では小さなお葬式である家族葬を選択する方が増えているため、多くの葬儀社が家族葬プランを用意しています。

家族葬の費用相場と内訳

それを見ればセットプランを50万円程度で打ち出しているところが多いため、80〜100万円と聞いた高いと感じる方も多いと思いますが、50万円という金額はあくまでも基本料金であり、飲食代や寺院の費用も含めると100万円以上になるのもざらとなっています。
そのため、費用を抑えたいなら飲食代を減らしたり、寺院を呼ばない葬儀スタイルを選んだりしなければいけません。
基本料金には、遺体の搬送費や枕飾り、ドライアイス、お棺、式場使用料、遺影写真、祭壇、生花装飾、葬儀社の人件費などが含まれています。
火葬費は自治体によって異なり、公営と民営が存在しているため、基本料金に含まれないケースが多いです。公営の場合は無料〜6万円程度、民営だと5〜10万円が目安となります。

07葬儀費用を抑えるための3つのポイント

01葬儀規模を抑える

葬儀の規模を小さくすれば、葬儀費用は安くなるのが一般的です。
例えば、100人以上参列する一般葬を執り行うよりも、遺族や親しい友人などしか参加しない家族葬では、葬儀費用に大きな差が出ます。

02プランを見直す

複数の葬儀社から見積りをとって、安い会社に依頼するのも葬儀費用を安くするための大きなポイントになりますが、どこの葬儀社に依頼する場合でも、プランを見直すことで費用を抑えられる可能性が高いです。
ほとんど方は葬儀を初めて執り行うことになり、プランの内容まで確認しないことが多いです。
葬儀ではどのような祭壇にするか、お棺にどのランクのものを選ぶかでもトータル費用は変わってくるので、使用するものを1つずつ丁寧に確認して予算に合わせることを推奨します。

03葬儀保険に加入する

すでに葬儀を迎えてしまった場合は仕方ありませんが、あらかじめ葬儀保険に加入しておけば、まさかのときの費用を大幅に抑えることができます。
生命保険などとは異なり、葬儀保険は高齢者でも加入しやすく、掛け金は月々数百円程度など少額なものが多いです。
基本的には掛け捨てであるため、解約時にはお金が戻ってこないことや、保険会社が倒産したときにも保障が効かなくなる点は承知しておきましょう。

08大手葬儀社と中小零細の葬儀社との違いとは

葬儀社には大手企業と終了零細企業がありますが、どちらを選択するかで得られるメリットもデメリットも変わってきます。
大手葬儀社を選択すれば、安心感が得られる以外にも、充実した設備が整っている自社式場が利用できて、大勢の参列者にも対応してもらえるメリットを得られます。
スタッフの体制が充実していて、作業分担がしっかりなされているので、ミスが起こりにくいこともメリットと言えます。しかし、スタッフの数が多い分、業務によって担当者がコロコロ変わってしまうことは、人によってはデメリットと感じてしまいます。
組織のルールが明確に決められているため、融通が利きにくいこともデメリットとして挙げられます。
スタッフの数が多いということで、それなりの利益を得なければいけないため、葬儀費用がたかくなりがちな点も、利用者にとっては大きなデメリットになり得ます。
その点中小零細の葬儀社は、葬儀費用が低めに設定されているケースが多いです。一人の担当者が一貫してサポートしてくれるところもメリットと言えます。
デメリットとしては、大規模な葬儀には慣れていなかったり、対応自体ができなったりすることもあり、葬儀社によってサービスに大きな違いが出る点もデメリットとして挙げられます。

09葬儀に関することで多く寄せられる相談とは

  • 葬儀に関することで多く寄せられる相談とは

    葬儀社の対応やサービス内容、料金などに納得できないという相談は、国民消費者センターをはじめとして多くの場所に数多く寄せられています。
    場合によっては弁護士に相談して法的手段を取るようなケースもあり、裁判を起こしている事例も多数確認されています。
    葬儀に関する相談をするのは、事前に準備をしていなかったという人が多く、家族が病気で入院していたにも関わらず、亡くなるまで葬儀社を手配していなくて、病院から数時間後に遺体を運び出すように言われて、仕方なく病院に紹介された葬儀社に依頼したり、急いで適当に葬儀社を探したりしたせいで、トラブルが起きているようです。
    一概には言えませんが、病院から紹介される葬儀社は葬儀費用が高くなる可能性が高いです。緊急で葬儀社を選んだ場合は、料金もサービス内容もきちんと確認できないため、葬儀後にどうしてもトラブルが起きやすくなります。
    トラブルを防ぐためには、早い段階で葬儀社を選択しておくのが最も良い方法だと思います。ただし、それができなかった場合は、緊急の場合でも冷静になって葬儀社から提出された見積書をきちんと確認して、内容に納得できたら依頼してください。
    時間がないといえども、数時間あれば複数の葬儀社から相見積りをとることは可能です。

10葬儀に関することでよくある3つの質問

質問
亡くなってからお通夜までどのくらいの時間が空くの?
回答
亡くなった次の日にお通夜が営まれることが一般的な地域もありますが、多くはお通夜まで4〜5日程度時間が空くことになります。
ただし、斎場や火葬場の空き状況によっては、1週間以上しないとお通夜ができないこともあります。菩提寺がある場合も、お坊さんの都合によっては希望通りにいかないことはよくあります。
質問
葬儀社の見積額よりも葬儀費用が高くなることはある?
回答
葬儀社から提出された見積金額よりも請求額が高くなることはよくあることです。
その1つの理由としては、予想していたよりも参列者が多くなったときです。料理や返礼品などが不足すれば、追加料金がかかるのは当然のことです。他にも、依頼する葬儀社によっては、見積金額に火葬場に支払うなどの諸経費を含めていないことも考えられます。また、菩提寺がある場合で別途お布施を支払う場合も、見積金額には含まれていないので、その点にも注意しなくてはいけません。
質問
早朝や深夜に亡くなったらどうすれば良い?
回答
ほとんどの葬儀社は、24時間365日で対応しているので、いつでも連絡がとれるようになっています。人がいつ亡くなるかは誰にも分からないことなので、大抵の葬儀社はそのときに備えて体制を整えています。念のため事前に依頼しようと思っている葬儀社の営業時間を確認しておくことをおすすめします

11優良な葬儀社を選ぶときの注意点とは

POINT 優良な葬儀社は、葬儀費用を自社のホームページやパンフレットなどで明確に提示している可能性が高いです。
葬儀社は葬儀の種類別にいろいろなプランやパッケージを用意していますが、内容の詳細までしっかり記載されていれば安心して任せられます。
葬儀社との間で起こるトラブルの多くは、総費用の関することです。提示された見積金額よりも請求額が高くなることはよくあるので、トータルでかかる費用を最初から明確にしてくれないような葬儀社を利用するのは避けた方が良いと思います。
優良な葬儀社は低予算でも対応を変えません。安いプランを選択した途端に言葉遣いや態度を変えるような葬儀社とも取引しない方が賢明です。
やたら契約を急がせてくるような葬儀社にも注意が必要です。優良な葬儀社はゆっくり考える時間を与えてくれます。
支払い方法や期日にも柔軟性があるのが、優良な葬儀社の特徴です。これは大手だから良いということではなく、中小零細の葬儀社でも融通を効かせてくれるようなところはたくさんあります。
優良な葬儀社は、他社からの相見積りにも喜んで対応してくれます。これは、自分たちのサービスに自信を持っている証でもあります。

12忌み言葉とは

忌み言葉(いみことば)とは、結婚式や葬儀の場で使用を控えた方が良いとされている言葉のことです。
葬儀の場では、不幸が重なる、不幸が度重なってくるなどの連想を避けるために、「重ね重ね」「くれぐれも」「たびたび」「いよいよ」「返す返す」「再び」などの言葉が忌み言葉に当たります。加えて、「つらい」「迷う」「苦しい」「うかばれない」などの言葉も避けた方が良いと言われています。
忌み言葉は、葬儀に参列する側だけではなく、遺族側も使用を控えた方がよく、社会人として忌み言葉を認識していたり、忌み言葉を言い換えたりすることができなければ、常識のない人間だと思われてしまうこともあるので注意しなければいけません。
お悔やみの場には、さまざまな年代の方たちが集まっている可能性が高く、親戚や友人以外にも、同じ会社や取引先の人たちも参列していること少なくありません。
経験を積み重ねることで忌み言葉にはどんなものがあってどのように言い換えれば良いかも分かるようになりますが、事前に社会人としてのマナーをきちんと把握して準備するのは、これからの人生の役にも立つ大事なことだと言えます。
忌み言葉はそれほど多くはなく、ネットなどでも簡単に調べることができます。
  • Twitter

PageTop