寝屋川市の葬儀ならお任せください。

「これから」のお葬式 メモリアルハート
  • 24時間365日いつでもご対応いたします 0120-315-810 エリア外 072-813-7121
  • HOME
  • MAIL

寝屋川市の葬儀

大阪府寝屋川市で葬儀が必要な方は、ぜひ「メモリアルハート」にご用命ください。ご依頼を頂戴した遺族様と故人様の縁に感謝をし、真心こめたサービスを提供させていただきます。
当社は、寝屋川市、枚方市、交野市を中心に活動している家族葬に特化した葬儀社です。多額の広告費をかけて全国規模で受注を行っている葬儀社とは違いますが、常にお客様と直接会って寄り添い、納得いただける葬儀を運営しています。
広告費にコストをかけずに、地域密着型でのサービスを提供している分、葬儀費用も納得の安心価格を設定しています。

寝屋川市の葬儀

家族葬の他にも、一般葬、直葬、1日葬、自宅葬、友人葬、福祉葬の合計7つの葬儀プランを用意しています。葬儀社が決まっていない方のために、ご遺体の搬送だけにも対応しています。
葬儀実績2,000件以上を誇り、経験豊富な一級葬祭ディレクターが在籍し、大阪と奈良の信頼性の高い斎場ネットワークを有しています。しっかりと地域のしきたりや伝統を尊重し、お客様の要望に合わせて最適なサービスをお届けします。
当社には、一般社団法人終活カウンセラー協会認定の終活カウンセラーが在籍しており、プロのカウンセラーが丁寧に相談にのって、葬儀に関する不安を払拭させていただきます。365日24時間体制で対応しておりますので、まずはお気軽にお問合せください。

01「通夜」「葬儀」「告別式」の違いとは

人が亡くなれば、通夜、葬儀、告別式という言葉をよく耳にしますが、これらの違いを明確に説明できない方も多いことかと思います。
通夜とは、もともと夜を通して行われていたことから、こういう呼ばれ方をしています。現在は1〜3時間程度で終わるのが一般的であることから、半通夜と呼ばれることもあります。
通夜は、親しくしていた人たちが故人と別れを惜しみつつ、最後の夜を過ごしたりするための場で、家族や友人、知人などが集まり、遺体のそばで時間を過ごしたり供養したりすることを指しています。基本的には葬儀、告別式に先立って行われます。
葬儀は、家族や友人、知人などが故人の冥福を祈り、死者を葬るための儀式を指します。
仏教なら僧侶による読経や焼香、神道なら神官による祭詞や祈祷などが葬儀にあたります。

「通夜」「葬儀」「告別式」の違いとは

通夜の翌日の昼間に行われるのが一般的で、およそ1〜3時間で終了します。その後出棺して火葬が行われます。
告別式は、故人と最後のお別れをする式典のことで、葬儀の直後に続けて行われるのが一般的です。
最近では葬儀の中に告別式が含まれていることが多くなっています。具体的には、焼香や玉串奉奠、祈祷、献花などが告別式にあたります。

02 はじめて参列する前に覚えておくべきこととは

はじめて参列する前に覚えておくべきこととは

初めて葬儀に参列する際には、大切な人を亡くした遺族がナーバスな状態にある場合が多いため、失礼のないようにしっかりとマナーを押さえて行動する必要があります。
まずは、その場にふさわしい服装で参列するのがマナーです。
男性の場合は喪服かブラックスーツを着用して、シャツは白、ネクタイやベルト、靴下などの小物は黒のものを選びます。黒色のビジネススーツは喪服と比べると光沢があり黒の色も少し異なるため、葬儀の場にはふさわしくありません。
女性は、ワンピースやアンサンブルを着用するのが一般的で、袖がなかったりスカートが短かったりなどの肌の露出が多い服装は避けましょう。
靴や鞄は光沢のない黒のものを選び、エナメル素材や革製品のものは選ばないように気をつけてください。
葬儀には香典袋と現金を用意する必要がありますが、お札は新札ではないものを入れてください。香典袋の水引の結び方は、ほどけない結び切りを使用します。
仏式の葬儀に参列する際には数珠が必要になり、数珠には宗派によって様々な色や形がありますが、自分の宗派に合わせたもので問題ありません。
仏式葬儀では焼香をしますが、焼香は右手の指先で抹香をつまんで額に掲げて、香炉にくべるという流れが一般的です。宗派によって焼香の回数や方法は異なるため注意が必要です。

03 葬儀で起こりやすい3つのトラブル

1.高額なオプション料金を請求される
見積書よりも高額な料金を請求されることは起きやすく、特にチラシなどに載っていた格安プランを選択した場合に多いみたいです。
トラブルを回避するためには、オプション料金について事前にしっかりと確認しておくことが大事になります。優良業者であれば自分たちから事前にオプションの説明があるので、できるだけ多くの業者から見積りをとることをおすすめします。

2.高額な解約料金を請求される
親族間できちんと連携がとれていなくて業者がバッティングしてしまったりして、契約をキャンセルしなければいけなくなるようなケースも少なくありません。
その際に高額なキャンセル料を請求されてトラブルになるようなこともあります。これを防ぐためには、契約時に解除料金の有無についてよく確かめることが大事になります。

3.打ち合わせとサービス内容が異なる
打ち合わせしたものとサービスの内容が異なりトラブルに発展することも珍しくありません。
口頭だけでは業者に言い逃れされてしまうことなるため、契約内容を事前に書面に残すことでトラブル回避につながります。
食事の内容やお棺の種類などが、スタッフのミスや不手際で契約した内容と異なるようなこともあるので、必ず書面化してもらいましょう。

04 葬儀の種類

葬儀には、「一般葬」「家族葬」「一日葬」「直葬」」「社葬」「福祉葬」などの多くの種類があります。
一般葬とはいわゆる普通のお葬式のことで、通夜に始まり、翌日に葬儀式・告別式が行われ、その後火葬をしてお骨上げします。故人と生前親しかった人やお世話になった人たちが参列して、縁を大切にした葬儀のスタイルです。
家族葬は、親族やごく親しい友人などを招いて行われるスタイルで、参列者が少ないため返礼費用や飲食代があまりかからないのが特徴です。家族葬と近い葬儀のスタイルには密葬もあります。
一日葬は、お通夜を行わずに葬儀式・告別式を1日で行います。参列者のスケジュールを合わせにくい、喪主が高齢で体力的な負担を軽減させたいときなどに選択されます。
直葬とは、火葬のみを行うもので、参列者は招かずに火葬場の火葬炉の前などに遺族が集まって10分程度でお別れした後ですぐに火葬を行います。
社葬とは、企業や団体が行う葬儀のことで、主に大きな会社の創業者や重役が亡くなった場合に行われます。規模的には十数人で行われるコンパクトなものから、千人を超えるようなものもあります。
福祉葬とは、生活保護法第18条に基づいて、葬祭扶助によって行われる葬儀のことです。生活保護を受けている世帯の人が他界し、葬儀費用を出せない場合に適用されます。
葬祭扶助で支給される費用については、搬送、火葬、納骨などにかかる最低限の費用で、僧侶による読経や戒名の授与など宗教的な儀式はありません。

05 寝屋川市・枚方市・交野市を中心にサービスを提供しています

大阪府寝屋川市に拠点を構え、寝屋川市、枚方市、交野市を中心に、葬儀に関するあらゆる業務に対応しています。遺言書作成業務や相続手続き、遺品整理も行っています。
寝屋川市は、大阪府北河内地域に位置する市で、中核市に指定されており、2023年11月時点での人口は約22.5万人となっています。
市内には、京阪・JRの4つの鉄道駅があって、京橋駅へは約12分、祇園四条駅へは約35分などと、大阪市内や京都へのアクセスも良好です。
マンションや戸建てなど、様々なニーズに対応した住環境が整備されており、駅前開発も進行中で、どんどん住みやすい街へと進化しています。
一昔前には治安が悪いというイメージを持つ方も多かったようですが、街が新しくなるに従い犯罪件数も激減。今では治安がとても良く誰もが安心して暮らせる街となっています。
最近では市民サービスの改革も進み、子育て支援が充実していて、特に子供のいじめ問題に対しては、学校任せにしないで行政が積極的に介入し、寝屋川モデルが子ども家庭庁のいじめ問題のケーススタディにもなっているほどで、子育てがしやすい街としても注目されています。保育園の待機児童も0です。
生活面では複合施設が何箇所もあって、買い物がしやすく便利です。

06 家族葬にかかる費用の目安とは

家族葬にかかる費用は、参列する人数やプランによっても金額は大きく変わりますが、平均的には100万円程度が相場となっています。
家族葬の葬儀費用の内訳は、「葬儀一式費用」「飲食接待費用」「寺院費用」の3つに大別されます。
葬儀一式費用は、通夜と葬儀・告別式を執り行うのに必要な代金で、葬儀本体費用とも呼ばれています。具体的には、斎場の使用料金、スタッフの人件費、祭壇、棺、遺影などにかかる費用、寝台車や霊柩車にかかる費用などです。

家族葬にかかる費用の目安とは

飲食接待費用は、通夜ふるまいや精進落としなどのお通夜から葬儀・告別式までの飲食費に、香典返しや当日返しにかかる返礼品代を合わせた費用で、一般的には葬儀社の料金プランに含まれます。ただし、参列者の数によって費用は変動します。
寺院費用とは、通夜・葬儀・告別式の読経や戒名授与のお礼として、お坊さんなどの宗教者に支払うお布施のことで、喪主から直接宗教者に渡すことから、葬儀社の見積りには含まれていません。
葬儀プランが安くても、お布施の方が高くつくケースもあるので注意が必要です。金額に決まりはなく、10〜20万円が妥当とも言われています。ただし、高額なお布施を要求されることもあります。

07 葬儀のスタイルを選ぶ3つのポイントとは

01葬儀に参列する人数

葬儀に参列する人数が多い場合は、一般葬といういわゆる普通のスタイルが選択されやすいですが、参列者が少ない場合は、家族葬が選択されるケースが最近では増えています。
遺族や親族、親しかった方々の少人数で執り行われる家族葬では、ゆっくりと故人を見送ることができる点がメリットです。


02葬儀にかかる費用

以前は葬儀を盛大に行って、故人を見送った方がよいという意見が多かったですが、最近では都市部を中心として葬儀にかける費用はできるだけ抑えたいという人たちが増加傾向にあります。
そのため、少人数で執り行わる家族葬や、火葬のみを行う直葬を選択する方も増えています。


03宗派

宗派によっても葬儀のスタイルは変わります。日本ではお葬式の9割ほどが仏教式で行われますが、日本古来の宗教といえば神道で、神道の葬儀は神葬祭と呼ばれ、神社ではなく自宅で執り行われます。
聖域である神社に「死=穢れ」を持ち込まないのが自宅で行われる理由ですが、故人の魂を家に留め、守護神になってもらうためでもあります。
キリスト教の信者も少なくなく、キリスト教の葬儀にはお通夜がなく、告別式では聖書を朗読したり讃美歌・聖歌を歌ったりして焼香などの代わりに献花をします。

08 互助会と葬儀社の違いとは

葬儀社は日本全国に数えきれないほど存在していますが、大きく分けると互助会のある葬儀社と専門葬儀社の2つに大別されます。
互助会を運営しているのは「互助会系葬儀社」とも呼ばれています。互助会とは、会員みんなでお金を出し合って、その中の誰かがお葬式をするときに費用を安く抑えられるように助け合うための相互扶助を目的とした組織です。
事前に積み立てしておくことによってお葬式のときに大幅な割引が受けることができ、豪華な施設を格安料金で使用できるなどのメリットもあります。
互助会の加入契約者は日本全国に2,000万件を超えています。ちなみに、互助会を運営するためには、経済産業省の厳しい審査をクリアした上で認可を得る必要があるため、全ての葬儀社が互助会を運営できないようになっています。認可を得た後も定期的に審査を受けたり、必要事項の報告をしたりする義務があります。
互助会を運営していない葬儀社は専門葬儀社と呼ばれていて、その名の通りに葬儀を行うことだけに専念した業務形態となっています。大幅な割引サービスはなく、利用者が葬儀費用を全て負担します。
専門葬儀社は、大きな施設を持たないケースが多く、スタッフの人数を少なくして各業者にその都度委託をすることにより、葬儀費用を抑えた格安プランを提供することを可能にしています。

09 家族葬を執り行う人からよく寄せられる相談とは

  • 家族葬を執り行う人からよく寄せられる相談とは

    家族葬を執り行うときには、どこまでの関係の人を呼べばよいかで頭を悩ます方が多いようです。
    家族葬の参列者に関する決まりごとはありませんが、一般的には故人の家族や両親、子ども、兄弟の家族までというケースが多いです。
    近親者だからといって必ず呼ぶ必要はありませんが、特別な事情がない限り招待した方がトラブルを回避できることになります。故人の遺志を尊重して、親しかった友人や知人を呼んでも構いません。
    訃報連絡はどうすればよいの?と悩む方もたくさんおられるみたいですが、こちらも明確な決まりごとはありませんが、参列して欲しい近親者に限定するケースが多いです。
    故人とそれなりに親しかった人が訃報を知ると、その人を家族葬だとしても参列した方がよいのでは?と悩ませてしまうことになる可能性が高いので、訃報を知らせる人数は最低限にとどめることをおすすめします。
    ただし、故人の勤めていた会社には訃報を知らせる必要があり、この場合は対応に困らせないように家族葬であることをしっかり伝えて、香典や弔電を辞退する場合は、そのことも併せて伝えましょう。この点は、他にも訃報を伝える方たちにも同様な対応をすることを推奨します。

10 家族葬のことでよくある3つの質問

質問
ご近所や会社関係などに失礼にあたるのか?
回答
家族葬を行うことはご近所や会社関係などに対して失礼にあたるのか?という質問もよく頂戴しますが、失礼にはあたりません。
最近では家族葬を選ぶ人が急増していて、参列者を限定しても失礼にはあたりません。ただし、親族や故人と特に親しくしていた友人などに知らせず葬儀を行った場合はトラブルになることも多いので、その点には注意しましょう
質問
家族葬を選択するメリットとは
回答
家族葬には、費用を抑えられる、故人とゆっくりお別れができるという2つの大きなメリットがあります。
基本的に参列者は親族や親しい友人などに限られ少人数で希望も大きくないため、飲食代も返礼費用も抑えられます。
参列者が多いとどうしても弔問や挨拶などに時間を取られることになりますが、家族葬だと他のことに気をとられることなく故人と向き合うことができます。
質問
家族葬に受付は必要?
回答
参列するのが家族や親族だけなら、受付を頼む必要はありません。ただし、親族や親しい友人などが参列して香典を受け取ったり返礼品を渡したりするなら、受付を頼んだ方がよいと思います。
受付は血縁者を選ばないで、故人の血縁ではないご長男の配偶者の方などを選ぶことをおすすめします。血縁者だとすぐにお焼香の順番が回ってくるなどして、受け取った香典の管理まで気が回らないことがあるのがその理由です。

11 依頼先を選ぶ際に注意すべきこととは?

POINT 葬儀社を選ぶ際には、肝心の費用の内容やプランがきちんと提示されていないと、後から予想外に高額な費用を請求されてしまうことにもなりかねないため、契約前に詳細な説明のある会社を選ぶことが大事になります。
また、葬儀ではいろいろとばたばたするケースが多いため、支払い期日にもゆとりのある会社の方が安心です。支払い方法も、現金以外にクレジットカード払いや分割払い、葬儀ローンなどに対応している葬儀社もあるので、ニーズに合わせて依頼先を選択しましょう。
スタッフの対応を確認することも、大事なポイントであり注意すべきことです。相談の段階から丁寧・親切で、どんな質問にもしっかり答えてくれるようなスタッフなら安心できます。
人柄や自分との相性なども確認して、遺族の希望に対して真摯な対応をとってもらえることも大切なポイントです。無理に契約を迫ってきたり、気になる対応をされたりするような場合は注意が必要です。
1社に絞らないで、複数の会社の対応を確認すれば、どこに依頼すべきかが見やすくなります。最低でも3つの葬儀社を比較すれば、費用の比較もしやすくなり、失敗や後悔をする可能性を軽減できます。

12 忌み言葉とは?

忌み言葉(いみことば)とは、不幸や不吉を連想させて、遺族などへの配慮に欠いた、避けるべき言葉のことです。葬儀の場以外にも結婚式でも避けるべき言葉で、結婚式においては別れを連想させる言葉がそれにあたります。
葬儀においては、「重ね言葉」「続き言葉」「死を連想する言葉」「不吉な言葉」などが忌み言葉に該当します。
特に大切な家族を失いショックを受けている方に対して忌み言葉を使用すると、自分が思っている以上に遺族を傷つけることにもなりかねないので、葬儀に参列する前に忌み言葉を把握しておくことをおすすめします。
重ね言葉とは、「しばしば」「ますます」などの同じ言葉が繰り返されるもので、特に「重ね重ね(かさねがさね)」は「重ね」の一言でも忌み言葉になるので注意しましょう。
続き言葉は、「再び」「引き続き」などで、不幸が続くことを連想させてしまいます。
死を連想する言葉はそのままの意味で、死ぬなどの死が付く言葉はもちろんですが、「生きていた」「生存中」なども含まれるので注意が必要です。
不吉な言葉もそのままの意味で、代表的なものが「四(死)」「九(苦)」ですが、「大変」「忙しい」「浮かばれない」「消える」「落ちる」なども含まれます。

お役立ち情報

寝屋川市の葬儀社さんに自宅葬を行って頂きました
展開
寝屋川市で葬儀社をお探しの方は自社斎場を所有するこちらの葬儀社がおすすめです。様々な葬儀プランに対応しているため希望に合う満足度の高い葬儀が執り行えるでしょう。
詳細情報
付き添いができる直葬プランがあるのはこちらの葬儀社さんだけでした
展開
大阪でご希望や予算に合う葬儀社が見つからずお困りの方は寝屋川市の葬儀社へ。様々な葬儀プランを提供しているため、ご要望に合う葬儀を執り行えるでしょう。
詳細情報
一日葬でも満足度の高い葬儀が行えました
展開
寝屋川市で葬儀斎場をお探しの方はこちらの葬儀社へ。自社斎場を持ち、自社受けで葬儀を執り行っているため、ご希望に合わせた葬儀に対応してもらえます。
詳細情報
親切な葬儀社さんのお気遣いにより高齢の両親も感謝しておりました
展開
寝屋川市で葬儀社をお探しの方は地元で定評のあるこちらの葬儀社へ。直葬から家族葬までご要望に合った葬儀プランを提案してくれる自社施工の会社です。
詳細情報
遺体安置所のある葬儀社さんのおかげで父とのお別れの時間が持てました
展開
寝屋川市・枚方市・交野市で葬儀社をお探しの方は自社式場を持つこちらの葬儀社へ。遺体安置が可能で、故人様との最後の時間をご家族でゆっくり過ごすことができます。
詳細情報
葬儀への希望を叶えて頂きよいお別れ式となりました
展開
ご遺族、ご親族、ご友人や会社関係、学校関係の方が参列する告別式から少人数の葬儀まで、ご希望に合わせた葬儀に対応している寝屋川市の葬儀社。自社斎場を完備しており故人様との最後の時間をゆっくり持つことができます。
詳細情報
主人の葬儀を寝屋川市の葬儀社さんに執り行って頂きました
展開
参列者の少ない葬儀を検討されている方は寝屋川市の葬儀社がおススメです。家族葬、小さな葬儀に特化しており、斎場の選択肢も多いのが特徴。自社安置所も完備しているのでご遺体の安置にも困りません。
詳細情報
  • Twitter
  • Instagram

PageTop