寝屋川市の家族葬ならご相談ください。

「これから」のお葬式 メモリアルハート
  • 24時間365日いつでもご対応いたします 0120-315-810 エリア外 072-396-3617
  • HOME
  • MAIL

寝屋川市の家族葬

大阪で葬儀社をお探しの方は、地域一番の安心価格で対応している「メモリアルハート」にご用命ください。
大阪府寝屋川市に拠点を構え、枚方市、交野市、摂津市、箕面市、池田市、堺市、吹田市、高槻市、四条畷市、大東市、門真市を中心に、大阪全域で7つの葬儀プランをご用意し、納得いただける葬儀を提供しています。
100年を超えるような長い歴史を持つ葬儀社ではありませんが、これまで2,000件以上の実績を持ち、一級葬祭ディレクターも在籍しておりますので、安心してご利用いただけます。
直葬、一日葬、家族葬、自宅葬、一般葬、友人葬、福祉葬全てに対応していて、ご遺体の搬送だけでも承っておりますので、どうぞお気軽に何なりとお申しつけください。

寝屋川市の家族葬

近頃ではネット上で集客をし、葬儀社を紹介しているだけでの会社も増えています。その点弊社では、直接お客様と顔を合わせて疑問や不安にしっかりお答えし、ご納得いただけたうえで葬儀を執り行わせていただく体制をとっており、完全自社施工で自社安置所を完備しています。
終活カウンセラーも在籍していて、遺品整理や遺言書作成業務、相続手続きなどにも対応しています。
葬儀や終活に関することには、24時間365日いつでもご相談に乗っておりますので、気になることがございましたら遠慮なくお客様のご都合の良いときにお問合せください。

01 家族葬を選択するメリットとは

都心を中心に家族葬を選択するご家族が多くなっているのは、一昔前とは違ってご近所づきあいが減ったり、親類縁者とも広く関わることが希薄になってきたりしていることも大きな要因になっているみたいです。
それだけではなく、さまざまなメリットがあることが、家族葬を選択する大きな理由となっています、
家族葬では香典を辞退するケースが多いため、場合によって自己負担額が多くなってしまうこともありますが、いずれにしても葬儀費用は一般葬よりも低く抑えることができます。お葬式は規模を小さくすればするほど安くできるのが一般的です。葬儀スタイルを自由に決められる点も家族葬のメリットで、参列が少なく親族や関係が本当に近しい人ばかりが集まるため、故人との最期をゆっくりと過ごすことができます。
親しい方々ともゆっくりとお話ができて、思い出話に花をさかせることができます。

また、主催者や故人が生前希望していたような自分たちらしいお葬式ができる点もメリットと言えます。
一般葬では参列者の数を予測したり、それに伴ういろいろな用意をしたりしなくてはいけませんが、小さな葬儀となると準備の手間や時間を減らせることもメリットとして挙げられます。

02 初めての家族葬で注意すべきこととは

初めての家族葬で注意すべきこととは

一般葬には何度も参列しているし、お手伝いをしたこともあるので、大体の勝手は承知しているという方も多いことが予想されますが、家族葬は一度も経験していないという方はよりたくさんいると思います。実は家族葬にはこうしなければいけないという明確な定義はないのですが、自分の好きなような準備をして開催してしまうと、トラブルを招くこともあるので注意しなくてはいけません。葬儀を家族だけで済ませることは悪いことではありませんが、お葬式をすることを知らせなかった親戚や故人と生前親しかった人たちから「どうして教えてくれなかった」などの声が寄せられ気まずくなってしまうことは家族葬ではよく起こります。
事前に身内だけで家族葬を執り行うことを告知するだけでも、そのようなトラブルを防ぐことができます。また、家族葬にはご家族だけではなく親しいご友人やご近所の人を呼んではいけないというルールもないので、くれぐれも角が立つような事態にならないよう注意してください。家族葬をすることを知らせなかったことで文句を言われた場合は、その後の対応をきちんと行いましょう。49日の法要や一周忌などの節目のときにはお知らせすることで、その後の関係性を良くすることも可能です。

03家族葬に関することでよくある3つのお悩み

1.葬儀費用に関する悩み
費用を抑えるために家族葬を選んだのに、思った以上に葬儀費用が高くなった、見積金額よりも高額な請求書が届いたなど、家族葬では金銭面に関するトラブルが起きることも少なくありません。
このような問題を起こさないようにするには、事前に葬儀社と打ち合わせを入念に行い、トータルでかかる費用を確認しておくことが大事になります。
また、葬儀社によって同じような葬儀を執り行ってもかかる費用が大きく異なることもあるので、複数社に問い合わせることを推奨します。

2.家族葬の後で大勢の人が自宅にやってくる
なるべく手間をかけないように家族葬を選択したのに、葬儀の後で頻繁にたくさんの人たちが自宅にお参りにやってきて困っているという悩みを抱えている方もたくさんいるようです。
故人の社会的地位などをよく考えないで家族葬を選択すると、このような事態になる可能性はどうしても高くなるので、葬儀社などの専門家にもしっかり相談してから葬儀のスタイルを決めましょう。

3.訃報の周知について
家族葬を執り行うことをしっかり周知したのに、当日葬儀場に声をかけていない人がたくさんやってきて対応に困るという事態に見舞われることもあります。
このようなトラブルを避けるには、家族葬を執り行ったことを事後報告するのも良い方法です。何も知らせなければ後から文句を言われることがありますが、葬儀後すぐに報告すれば問題にはなりにくいです。

04葬儀にはどんな種類があるの

葬儀と一口で言っても、日本で執り行われているだけでもさまざまな種類があり、葬儀社ごとにプランも葬儀の種類ごとにいろいろ分けられているので、大枠を把握しておくことをおすすめします。
最も多くの人たちが選択する葬儀は一般葬です。文字通りに一般的な葬儀のスタイルで、遺族や親族だけではなく、友人や職場関係者やご近所さんなどの幅広い関係者が参列します。
社葬とは、会社の会長や社長などの代表者が亡くなったときに、会社主体で行う葬儀です。遺族と共同で執り行われることもあり、その場合は合同葬と呼ばれます。その場合は規模が大きくなるため、準備にもかなりの時間や手間を要することが特徴となります。近年選択する人が増えている葬儀のスタイルが家族葬です。家族のみで行われたり、故人と本当に親しかった友人などで少人数を執り行われたりすることが多く、一般的には参列者が10〜30人になると言われています。密葬は、家族葬と同様に近親者だけで執り行われる葬儀ですが、周囲に死去したことを知らせないで行われることが前提のためこのような名前が付けられています。直葬とは、お通夜や告別式を行わずに家族だけで終える葬儀のことです。火葬式と呼ばれることもあり、最も費用を抑えられる葬儀でもあります。

05大阪府全域で各種葬儀に対応しています

大阪府寝屋川市に拠点を構え、枚方市、交野市、摂津市、箕面市、池田市などを中心に大阪全域で各種葬儀に対応しています。
寝屋川市は、大阪府の北東部に位置しており、交通の便がとても良く、都会過ぎず、田舎過ぎない、住むのにはちょうど良い非常に人気が高い街です。
近年では行政が子育て支援に力を入れており、ファミリー層からも大きな注目を集めています。
古くから大阪都市部のベッドタウンとして知られていて、市内の各駅周辺にはたくさんのスーパーやコンビニ、飲食店、ドラックストアが建ち並び、昔ながらの商店街も各地で営業しています。
駅から少し離れると、閑静な住宅街が広がっていて、緑豊かな公園も多く、大阪の中でも治安が良いことでも知られています。
枚方市は、大阪と京都の真ん中に位置しており、各地への通勤も便利で江戸時代が京街道の宿場町として栄えていました。今でも街中には歴史的な建物や風景が多く残っています。
歴史的風情を残しながら、都会的な便利さも有するプロジェクトも進行中で、多彩な顔を持つ魅力的な街へと変化を遂げています。
魅力的なイベントやお祭りも盛んに行われていて、ファミリーやカップで楽しめるひらかたパークをはじめとしたレジャー施設を多数有しています。

06家族葬にかかる費用の目安

気になる家族葬にかかる費用は、葬儀の規模や内容によっても異なりますが、10〜30名ほどで行われる葬儀費用の目安としては100万円前後と考えておくとよいと思います。
一般葬で50〜150名ほどの規模では200万円程度が相場と言われているため、費用を大幅に抑えられることは明確です。
さらに、200名を超える葬儀になると、一気にかかる費用が400万円程度にアップすることを考えれば、いかに家族葬を選択することでお金をかけずに葬儀ができることが分かります。
家族葬にかかる費用の内訳は、基本葬儀費用、付帯費用、葬儀会社以外への支払い費用の3つに分類されます。

家族葬にかかる費用の目安

基本葬儀費用には、棺、骨壷、位牌、遺影、祭壇、葬具一式の他に、人件費、寝台車、霊柩車、各種手続き代行費などが含まれます。付帯費用には、施設利用料の他、返礼品、料理、供花などが含まれ、葬儀を行う場所やどのようなものを選択するかで金額は大きく変動します。
葬儀会社以外への支払い費用は、お坊さんなどの宗教者へのお布施や火葬場への支払いなど、葬儀社を介さないで支払う費用が含まれます。
どこの葬儀社に葬儀を依頼するかでかかる費用は大きく変わってくるので、葬儀社選びは慎重に行いましょう。

07家族葬を行うときの3つのポイント

01お知らせをする範囲をしっかり検討する

身内だけで執り行われることが多い家族葬では、後々故人と生前親しかった人たちから「どうして呼んでくれなかったの?」「葬儀のことを知らせて欲しかった」などの苦情が出てしまうこともあります。
そのため、葬儀を執り行う前にはそのことをお知らせする範囲をしっかり検討することが大事です。
葬儀中に多くの参列者に気遣いしたくなくて家族葬を選んだのに、きちんとお知らせしなかったせいで、葬儀後に自宅に多くの人たちがお参りにやってくることもあります。

02思っていたよりも費用が高くなることがある

葬儀費用を安く抑えたくて家族葬を選択したのに、香典がほとんどもらえなくて一般葬よりも負担が大きくなってしまうことも少なくありません。
家族葬では香典を辞退するケースも多いため、全てが自己負担になってしまい、「こんなはずじゃなかった」ということにもなりかねません。

03式場と安置場所を事前に確認する

家族葬に限ったことではありませんが、人が亡くなればすぐに火葬ができるわけではないため、安置場所を用意しなくてはいけません。自宅を安置場所に選ぶ場合は、どこに安置するのかを事前に明確にしておくようにしましょう。
家族葬では小人数で行われることが多いですが、遠方からわざわざやってくる方がいる場合は、公共交通機関から近い式場を用意するなどの配慮も必要になります。

08葬儀社ごとのサービスの違いとは

葬儀を専門に取り扱っている葬儀社なら、どこでも一般的なサービス内容は一緒で、大きな違いはありません。
葬儀社は人が亡くなればご遺体の搬送を行った後で、式場や火葬場の手配を行い、遺体の処理や管理を担います。葬儀当日には式場の準備を滞りなく実施し、葬儀の司会進行を行い、返礼品や料理の手配も行います。
ただし、どこの葬儀社に依頼するかによって、葬儀費用も遺体を安置する場所も葬儀を執り行う場所も祭壇の豪華さなども変わってきます。また、葬儀社によってこれまで葬儀を執り行ってきたキャリアも異なり、キャリアの浅い葬儀社の場合は葬儀に関する知識も浅い可能性が高くなるため、いろいろな面でトラブルが起きやすくなります。
葬儀についての知識が豊富で、いろいろな場面に遭遇して乗り越えてきた経験をたくさん持つ葬儀社に依頼できれば、安心して葬儀を任せることができると思います。
葬儀社を選ぶときには、説明が分かりやすいことも大事なポイントで、不安や質問に対してもスムーズで明確に答えてくれるなら安心です。葬儀社から一方的に話をされたり、依頼者側の希望にきちんと耳を傾けてくれなかったりするような場合は、他の葬儀社を当たった方が良いと考えます。

09葬儀の種類や場所を決めるうえでよくある相談事例

  • 葬儀の種類や場所を決めるうえでよくある相談事例

    葬儀の種類には、一般的な葬儀のスタイルである一般葬の他にも、火葬のみで執り行う直葬や、少人数で主催される家族葬や、通夜式をしないで告別式から火葬までを1日で行う一日葬などいろいろな形式が用意されています。
    どの形式を選べば良いか悩む方も多いようですが、故人の遺志を一番に考えて、あとは掛かる費用や葬儀に参列する人数などを考えてトータル的に判断しましょう。自分たちで決められない場合は、葬儀社に相談すればベストな形式を考え提案してくれます。
    いずれにしても、人が亡くなってからでは決断までの時間が限られてしまうため、事前に決定しておくことをおすすめします。
    葬儀の形式や葬儀を行う場所については、宗教や宗派によっても限定されてくるので、菩提寺などがある場合は勝手に決めないで、必ず僧侶などに相談してから決めるように注意しましょう。菩提寺があるのに僧侶を葬儀に呼ばないで直葬を執り行ってしまうと、お墓に納骨できなくなってしまう事態を招いてしまうこともあります。
    葬儀場を決めるときには、自分たちのアクセスのしやすさを考える以外にも、遠方から訪れる親族などがアクセスしやすい場所や、駐車場の有無なども確認して決定しましょう。

10家族葬に関することでよくある3つの質問

質問
家族葬を選ぶのはどんな人?
回答
家族葬を選択するのは、経済的な理由がある方が多いですが、他にも身内や故人と本当に近い関係にあった者だけで故人をゆっくり見送りたいという方も少なくありません。
最近選択する方が多くなっている家族葬は、故人の遺志で開催される場合もありますが、多くの参列者に気遣いをしたくなくて、敢えてこの形式を選ぶ方もたくさんおられるようです。
質問
家族葬に呼ぶ人の範囲とは
回答
家族葬には家族と親族と故人と生前したしかった友人などが参列する場合が多いですが、実はこの人を呼ばなければいけないなどの明確なルールはないため、参列していただく範囲にも決まりはありません。
一般的には数名〜30名以下で開催されますが、場合によってはそれ以上の人数になることもあります。
質問
式場を選ぶときの注意点とは
回答
少人数しか参列しないからどこで執り行っても一緒と考える方も多いみたいですが、家族葬といっても葬儀形式は一般葬と変わらないため、場所や時間なども慎重に検討する必要があります。
自宅に遺体を安置できない場合は、安置場が完備されている式場を選択することをおすすめします。遠方から親族などがやってくる場合は、控室や着替えができる部屋があるかも式場選びの大事なポイントになります。

11葬儀社を選ぶときに注意すべきこととは

POINT 葬儀社はどこに依頼しても同じではありません。どの葬儀社を選ぶかによって、葬儀に掛かる費用も異なり、各社で対応力も異なります。特に葬儀に慣れていない方は、くれぐれも葬儀社選びを間違わないで、安心して任せられる会社を選びましょう。
最近では葬儀費用をパッケージプランなどで示している葬儀社が増えていて、費用の透明化が進んでいます。しかし、提示しているプラン料金にどこまで含まれているかは葬儀社によって異なるため、事前に実際に葬儀に掛かる合計金額を算出してもらうことをおすすめします。
プラン料金が数十万円だったから依頼したら、その倍以上を請求されたという事例もたくさんあります。さらに菩提寺がある場合は葬儀社に支払う以外にもお寺さんにもまとまったお布施を支払わなければいけないため、そのことも覚えておきましょう。
葬儀を円滑に進めるためには、葬儀社の対応力が重要になります。葬儀社の対応力は、事前の打ち合わせなどでも見極めることができるので、わざと難しい質問をしたり面倒な要望を伝えたりして担当者などのスタッフの対応を確認してみるのも良い方法です。併せて、インターネットを利用して各社の口コミや評判を確認しましょう。

12葬儀でよく使われる言葉の読み方と意味

人が死ねば葬儀が執り行われますが、特に若い方は人の死に立ち会った経験が少ないこともあって、葬儀に関わる言葉が読めなくて恥をかいてしまうようなこともよくあります。葬儀でよく使われる言葉の読み方と意味をいくつか紹介します。
弔辞とは(ちょうじ)と読み、故人と生前特に親しかった人が代表して霊前に捧げる故人との別れの言葉のことです。
読経とは、(どっきょう、どきょう、どくきょう)などと読み、日本では最も一般的な仏教式で、僧侶が経典を読みあげることです。
供花は、(きょうか、くげ)などと読み、参列者が贈る花のことで、故人を偲ぶ気持ちが込められています。
会葬者は、(かいそうしゃ)と読み、遺族以外で主に告別式に参列する人のことを指しています。
焼香は、(しょうこう)と読み、香を焚いて拝むことを指します。一般的な葬儀会場では、焼香台の前に参列者が立ち並んで焼香を行いますが、これを立礼焼香(りつれいしょうこう)と言います。狭い会場になると、座ったままお盆に乗せて順番に香炉を回していきますが、これを廻し焼香(まわししょうこう)と呼びます。
袱紗は、(ふくさ)と読み、香典を持ち運ぶ際に使用する小さな風呂敷のような布のことです。

お役立ち情報

家族葬を案内してもらえて良かったです
展開
家族葬で葬儀を執り行った方の声を紹介しています。
直葬は火葬のみを行う葬儀のスタイルで最も費用を掛けずに行うことができますが、あまりにも内容が簡潔なため故人に申し訳ないと思う気持ちを持つ方も多いようです。そのような場合に家族葬を選択すれば良いことが分かります。
  • Twitter

PageTop